• 厳しいと言われる印刷業界にあえて飛び込んできた彼らの思い
  • 内定者たちが本音で語る大洞印刷に入社を決めた理由とは
  • 内定者たちが感じた大洞印刷の魅力 そして、ここでこれからやりたいこと

内定者たちが本音で語る、大洞印刷に入社を決めた理由とは

河村
ところで、この会社に決めた理由って、どんなところだったの?


後藤
説明会から最終面接まで、毎回駅まで迎えに来てくれますよね。
そんな会社、他にはなくて。

李
そうそう、びっくりするよね。


石倉
しかも、選考を重ねるごとに大洞印刷の社風というか人の良さが伝わってきて、ここに入りたいという気持ちがどんどん強くなっていったんです。だから、最終面接のメールが来た時は、やった!って感じでしたね。
李
その気持ち、よく分かります。
他に、いいなと思ったことは?

後藤
企業研究する中で、ホームページをよく見てたんですけど、チャンレジする姿勢とかニッチトップ戦略、特殊印刷に特化した戦略を打ち出してて、そういう姿勢にもすごく惹かれましたね。大学でもモノづくりの勉強してたので、ニッチという考え方にはすごく興味がありましたし、そういう発想は、あったらいいなと思うモノづくりを勉強してきたことにも通じると思ったんです。
中川
駅までの送迎もそうですけど、送迎の間も応援してくれるんですよね。「普通にしてればきっと大丈夫だよ」って声をかけてくださったり。そこでも人柄の良さも感じましたね。就職活動って、最初に企業に対するイメージがあって、説明会や面接をする中で自分の考えや思いとのズレを感じて、その企業に対するモチベーションが下がっていく、ということがあるんですが、大洞印刷の場合は、回を重ねるごとに、どんどんモチベーションが上がっていったことが一番の決め手でしたね。具体的にはチャレンジという理念や、それができる開放的な職場環境だったり、入社して新しい事業を立ち上げた方の話だったり、そういう話を聞く中で、理念が本物で、自分もここでなら成長できる、貢献できるんじゃないかと思ったんです。あと、質問をした際に、ちゃんとした答えがかえってきたことが大きかったです。他の企業では、質問しても答えを濁されたり、思ってた答えが返ってこなかったりすることがあったんですが、ここでは面接で会話をすることに、すごく充実感があったんです。
後藤
それで僕、すごく覚えてることがあります。グループディスカッションのテーマが「理想の上司」についてだったんですが、最終面接の最後の質問で、逆に「理想の部下は?」って聞いたんですよ。その時の答えですごく心に響いたのが、「10言ったら11返すような部下になって欲しい」と言われたこと。これは本当にシンプルで分かりやすくて、心に響いたし、自分もそういう部下になりたいと本気で思いましたね。
中川
僕も同じことを思ったけど、ホントに聞いてる人がいるとは思わなかった(笑)。
でもそれ、すごく共感!

李
私も面接で、自分の質問に対してちゃんと考えて、誠意を持って答えてくれてるというのを感じましたね。何より、面接の時にすごく話しやすかった。それも決め手の一つでしたね。
河村
面接って企業側が上の立場にいる感じで、一方的に質問されてるような印象を受けたりするけど、大洞印刷ではちゃんと会話してる、やりとりしてるという印象が持てた。それが良かったというのは私も覚えてます。
NEW FACE
中川
早稲田大学
スポーツ科学部卒
中川 裕太
ナカガワ ユウタ
後藤
愛知淑徳大学 
人間情報学部卒
後藤 正基
ゴトウ マサキ
先輩社員
河村

営業部
河村 希沙紀
李

生産管理部
李 怡婷