大洞印刷の仕事

企画営業部

お客様のニーズを見極め、+αの提案をすることが大切

企画営業部 法人営業G チーフ|福島由紀

概要

基本的には、お客様からいただいた「こんなものを作りたい」というものを実現させるのが仕事です。依頼は、クリアファイルをこの仕様で何枚というお話もあれば、イベントで使う販促品を作りたいとか、これの予算でどんなものができるか、というご相談までいろいろですが、いずれにしても、それをカタチにしていくのが企画営業の仕事です。仕事の形態としては、大洞印刷の場合、「プル型」営業と言って、お客様からの問い合わせなどを待って営業するスタイルが中心です。印刷関連や販促ツールなどの展示会に出展し、そこで名刺交換したお客様や、興味を持ってくださったお客様から問い合わせをいただいたり、あるいは、名刺をいただいた会社についてリサーチし、場合によってはこちらから電話営業をすることもあります。

ただ、その中で私たちが大切にしなければいけないのは、単なるモノづくりであってはいけないということです。お客様が本当に求めているものは何かを自分なりに考えて提案すること。例えば、イベントで販売するものを作りたいとのお話しなら、イベントの内容を考え、「今はこれがトレンドです」とか「この年齢層のお客様なら、この方が喜ばれる」など、お客様の要望に対して一歩上をいく提案をする。プラスアルファを与えてくれる一味違う印刷会社だな、と思っていただくことが大洞印刷の営業では大切なのです。

ここがやりがい!
営業のやりがいは、やはりお客様に「ありがとう」と言っていただくことに尽きると思います。どんなに大変な仕事、面倒な要望であっても、終わってしまうと全部良かったなと思える。もちろん、また仕事をもらえたらいいなという思いもありますが、私自身、また会いたいとか、おしゃべりしたいと思ってもらえる人間になりたいというのが根本にあるんです。最初は大洞印刷さんだから安心、とおっしゃってくださるんですが、それがだんだん「福島さんだから安心」とか「福島さんだから相談できる」というように個人名になっていく。そういうことがあると、いい気分で仕事ができるし、仕事が楽しいと思える。次も頑張ろうと思えるんです。営業はモノを売る仕事ではなくて、突き詰めれば人で買ってもらう仕事だと思います。
一日のスケジュール
08:00 【経営企画部 生産管理部との合同朝礼】
1日のスケジュールの把握と、
他部署への依頼伝達等
08:10 【小テスト】
印刷に関する小テストの実施
08:30 【メールチェックなど】
メールチェック、
スケジュールの再確認等
09:00 【顧客対応・各種書類作成】
お客様の要望確認、
見積り・作業指示書
等の作成
13:00 【生産管理との打合せ】
生産管理部と
スケジュール調整等
14:00 【顧客対応・各種書類作成】
お客様の要望確認、見積り・作業指示書等の作成
17:00 【企画等】
新商品の企画等
19:00 【退社】
プロフィール
企画営業部 法人営業G チーフ
福島由紀
入社6年目
東京を中心に精力的な
営業活動を展開している。