大洞印刷の仕事

製造部

どんなに優れた機械でも、最後は人の力が必要

製造部 工場長|清水 誠

概要

我々製造の仕事は、お客様の求める製品をスピーディかつハイクオリティーに仕上げることです。ただこの目的を達成するには最新鋭の機械を導入すればいいというわけではありません。
少し具体的に話をしていきます。まず、お客様からいただいたデータから、印刷のもととなる版を作ります。版ができると次は印刷工程です。弊社独自の印刷基準を設けて作業をしているのですが、いつも同じように出来るわけではありません。例えば印刷は水と油の反発を利用していますが、このバランスが気温や湿度色々な要因で変化しています。それを見極めるのは人です。そして印刷工程が終了すると、最終の加工工程に進みます。加工には色々な種類があり、扱う機械も様々です。また最終工程ということで、大げさに言えば、数ミクロン単位の誤差が許されない世界になります。その誤差を出さないために、微妙な調整などが必要となってきます。それを行うのも人です。
自社基準を作る、オートメーション化を進めるなど、弊社は製造工程に人が介在する範囲を減らそうとしています。しかし先ほど話したように、その基準を考えたり、運用・改善をしていくのは人です。つまり弊社の製造は、ただ製品を作る職人ではなく、技術者の仕事です。

ここがやりがい!
製品作りは連携プレーです。自分の担当する工程だけが合格点のモノを出せば良いと言うものではありません。この仕事は時間の制約が厳しいことが多く、一人ひとりに余裕がないとミスにつながりやすくなります。ですから一人に負荷が集中しないよう、チーム全体で取り組むことが必要です。私は工場長として、その環境を作るためにメンバーの声を聞き、一緒に環境を改善したりしています。その結果チームとして、正確に、ミスなく仕事を仕上げられ、お客様から感謝の言葉をいただけた時、何よりのやりがいを感じます。
一日のスケジュール
08:00 【朝礼】
1日のスケジュール把握と情報共有
08:30 【生産管理との打合せ】
生産管理部とスケジュールの詳細確認
09:00 【事務作業】
各種資料作成、仕入業者との打合せ
10:00 【現場作業】
作業ならびに各メンバーの教育・サポート
15:00 【営業との打合せ】
色等に関する打合せ
16:00 【現場作業】
作業ならびに各メンバーの教育・サポート
18:00 【事務作業】
各種資料作成、仕入業者との打合せ
19:00 【退社】
プロフィール
製造部 工場長
清水 誠
入社6年目
現在は工場長と印刷部門の
部署長を兼務。