お問合せ

なぜコストダウンが可能なのか

小ロットはデジタル印刷でコストダウン

印刷方式の主流であるオフセット印刷は、高品質の印刷物を大量かつ短時間で生産できるのが特長です。ロット(部数)が増えるほど単価が安くなる点がメリットですが、逆に、ロットが少ない場合は単価が割高になるのがデメリット。一方、デジタル印刷は、コンピュータから直接出力機にデータを送って印刷する方式で、オフセット印刷のように版を作る必要がないのが特長。そのため、版を製作するイニシャルコストがカットできるので、少ないロットであってもコストを抑えられる点がメリットです。ただ、品質面ではオフセットにおよばないと言われてきました。大洞印刷が導入しているデジタルオフセット印刷機は、デジタル印刷のメリットである無版印刷による小ロットのコストダウンはもちろん、一般的なデジタル印刷とは違い、オフセット印刷と同様の機構を持つため、オフセット印刷に迫る高品質印刷を実現します。

B2サイズ対応の最新印刷機でコストダウン

hp Indigo30000

大洞印刷では、アジア初となるB2サイズでのパッケージ印刷を可能にしたhp社の最新デジタルオフセット印刷機「Indigo30000」を導入。これにより、今まで対応できなかったパッケージサイズの印刷が可能になっただけでなく、A3サイズでの対応時よりも一度に印刷できる個数が増加。少ない印刷枚数で必要数が生産できるためコストダウンにもつながります。

バリアブル印刷で多品種もコストダウン

版を必要としないデジタル印刷のメリットを活かし、小ロットのコストダウンと、1枚ずつデザインや内容を変えて印刷するバリアブル印刷を活用すれば、次のようなコストダウンも可能です。

1)商品開発のコストダウン

展示会への出展や商品リサーチ、テストマーケティングに使用する多品種の試作・サンプルが、小ロット、短納期、低コストで製作できるため、商品開発のコストダウンを図ることができます。さらに、複数回のテストや商品ブラッシュアップのための時間を捻出することもできます。

一枚ずつ内容を変えるバリアブル印刷

2)数量調整・在庫ロス削減

多品種少量生産の商品販売(団体スポーツの選手やアイドルグループ、キャラクターのグッズなど)では、人気度などによって個々の販売数量が異なる場合があります。こうしたケースもバリアブル印刷で対応し、数量調整することにより在庫ロスを削減。ひいてはトータルコストを削減することができます。

販売数に応じて生産量を調整

大洞印刷の強みは、何といっても特殊印刷に強いこと。PPやユポをはじめ、タック紙やアルミ蒸着紙など、多様な素材に印刷・加工できる技術はもちろん、デジタル印刷に対応した素材を豊富に揃えています。

実物や詳細な資料はこちら

最新設備をご覧いただけます

最新の活用・マーケティングに

その他

本社・工場
〒501-0466 岐阜県本巣市下真桑290番1
TEL 058-320-5123 (代) FAX 058-323-2301

Google Map

・JR穂積駅 → タクシーで約15分
・JR岐阜駅 → JR岐阜 7番のりば「真正大縄場線 O80 リバーサイドモール行き」36分 JAぎふ真正支店前下車 徒歩5分
・JR大垣駅 → 樽見鉄道20分 北方真桑駅下車 徒歩20分

国道21号線、穂積中原交差点を本巣縦貫道を北上する方向へ進む。下真桑八ツ又の交差点を左折し、西へ約1.5km進み、右側。

東京オフィス
〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-14 ユーデン浜松町ビル7F
TEL 050-3531-0653 FAX 050-3153-3183

Google Map

・JR浜松町駅 → 北口改札より徒歩7分
・都営大江戸線 → 大門駅A2出口より徒歩5分
・都営浅草線 → 大門駅A2出口より徒歩5分
・都営三田線 → 御成門駅A3出口より徒歩6分

岐阜工場
〒501-1132 岐阜市折立438-1
TEL 050-3502-3312 FAX 058-234-2737

Google Map

・JR岐阜駅
JR岐阜 9番のりば「岐阜大学・病院線 C70 岐阜大学病院行き」30分 繰舟橋下車 徒歩5分
JR岐阜 9番のりば「岐南町線 N45 岐阜大学病院行き」30分 繰舟橋下車 徒歩5分
・名鉄岐阜駅
名鉄岐阜(神田町通り) 5番のりば「岐阜大学・病院線 C70 岐阜大学病院行き」 23分 繰舟橋下車 徒歩5分
名鉄岐阜(神田町通り) 5番のりば「岐南町線 N45 岐阜大学病院行き」 28分 繰舟橋下車 徒歩5分

国道21号線、薮田交差点を岐阜環状線を北上する方向へ進む。
正木土居の交差点を左折し、繰舟橋を渡ってひとつ目の信号を右手前、橋の側道に入りすぐ。