3月17日(金)岐阜新聞朝刊に記事が掲載されました

東京にも拠点、受注伸長

[記事全文]
「難易度の高い技術に挑戦し続け、世の中になりものを投入していく」と意欲を語るのは、大洞印刷(本巣市下真桑)の大洞正和社長(50)。フィルムなどの特殊印刷に強みを持つ。
2015年には、アジア初となるB2サイズに対応したデジタル印刷機を導入。大きなサイズでも、一つ一つデザインが異なる印刷物を提供できるなど提案力が増した。「先を見据えて付加価値を高めていきたい」と話す。
さらに昨年は市場規模の大きい東京に営業拠点を構えた。展示会への出展を増やし、主力のオリジナルクリアファイル印刷の受注を伸長中。「顧客ニーズに応えるソリューション営業を展開し、新しい市場を創出する」と事業拡大にまい進する。

最近の記事

  1. GW休業のご案内
  2. Salesforce Live: Japan
  3. Winformation Vol.49発刊
  4. 2021.03_TEL
  5. HPユーザーカンファレンス2021 ブランドエンゲージメント部門需受賞
PAGE TOP